読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うおうさおう

いつかは終わるという希望

20161021|離れる余裕を

「認知」とは「ものの見方」や「考え方」のことで、これは心の問題やコミュニケーションにとても大きな影響を及ぼす。特に、形式や秩序にとらわれやすい、頑固、完全主義的などの傾向が強いとき、人は物事にのめり込みやすく、心に余裕がなくなりがちだ。すると、考え方の幅が狭くなるために、ほかの可能性が考えられなくなってしまう。

うまくいっているときはいい。しかし、物事がうまくいかなくなったときに「この道しかない」と思ってしまう人は、結局そこで人生が破滅してしまったり、心の病に陥ったり、あるいは、自分の言葉に縛られるという自縄自縛の奴隷状態が起こってしまう。

認知的に成熟度が高い反応とは、もっともな学説を聞かされたときに、「本当にそうなの?」「ほかの説があるのではないか?」と自問できることだ。その発想があってこそ、より検証材料を得るためにたくさんの情報を集めようと工夫する。それが、何者にも支配されず、常にニュートラルな思考でほかの方法を試すことへと繋がっていくのだ。

 

言葉にとらわれないように。

自分の言葉にも相手の言葉にも。

 

 

今日のお昼。

#回転寿司  #昼食

一人でしーすー。気楽でいいね。

 

headlines.yahoo.co.jp

今日の音楽。

https://www.youtube.com/watch?v=1GAaWz4X4nU


Carole King - So Far Away (with lyrics)

 

では。